2012年04月26日

横スクロールシューティング「Sine Mora」,Xbox Live アーケードにて配信中。時間をコントロールし,敵を撃破しよう

X360key未命名
グラスホッパー・マニファクチュアは2012年3月21日,Xbox360向け横スクロールシューティング「Sine Mora」の配信をXbox Live アーケードにて開始した。本作は,時間をコントロールして敵を撃破するという,少し変わったシューティングとなっている。また,デジタル・リアリティと共同開発されており,独創的なステージでプレイできるのも特徴だ。

「Sine Mora」公式サイト

デジタル・リアリティと
グラスホッパー・マニファクチュアの共同開発による
期待のディーゼルパンク・シューティング「SINE MORATM」
Xbox LIVE アーケードで独占配信開始!!


ハンガリー、ブダペスト - 3月21日 - デジタル・リアリティ社と株式会社グラスホッパー・マニファクチュアの共同開発による期待のディーゼルパンク・シューティング「Sine Mora」が、Xbox 360のXbox LIVE アーケード(以下、XBLA)独占で、日本マイクロソフトより本日、1,200マイクロソフトポイントで配信開始されました。グラスホッパー・マニファクチュアのアート・ディレクションによる美麗で独創的な数々のステージが用意されているSINE MORAでプレイヤーは、時間をコントロールし、敵を粉々に撃破していくことになります。

「グラスホッパー・マニファクチュアは明確なビジョンを持ち、ゲーム業界において確固たるポジションにあり、高い評価を得ています。私たちにとって彼らと共に制作に取り組めることは嬉しいことですし、SINE MORAを制作できたことはこの上ない誇りです。プレイヤーの皆さんにはきっとやり応えを感じて頂けるでしょうし、クリアした時には、このゲームがどれほど素晴らしいかをお分かり頂けると思います」とデジタル・リアリティのバラーシュ・ホルバスは述べています。

株式会社グラスホッパー・マニファクチュアとデジタル・リアリティ社が共同開発し、日本マイクロソフトから配信されるSINE MORAは、時間が最終的な要素となるというユニークな解釈に基づいたジャンルのディーゼルパンク・シューティングです。従来のシューティング感覚を次世代の演出と組み合わせたSINE MORAは、コアゲーマーからカジュアルゲーマーまで楽しめる極めて美しいシューティングゲームです。XBLA独占のSINE MORAには、美麗なステージをさまざまな難易度でクリアするために60種類に及ぶ戦艦、キャラクター、時間操作装置のコンビネーションが用意されており、山岡晃の楽曲により臨場感は頂点へと達します。そしてボスバトルのデザインには著名なアニメディレクター前田真宏氏を起用しています。
posted by doubleruan at 12:45| Comment(0) | 3DS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。